素材への
こだわり

厳選素材と美味しさの探求

素材からこだわる

安心・安全、美味しさの追求を徹底するものづくりは、何よりもまず妥協のない素材選びからスタートします。
新鮮な県産・国産素材はもちろん、世界各国の名産地から自分たちの追求するものづくりに最適な素材を吟味します。
生産環境や農法、収穫時期、安定した供給量の確保に至るまで、厳しい基準をクリアした契約農家・取引先から仕入れています。

農家と共に取り組むキャベツづくり農家と共に取り組むキャベツづくり

信頼のおける30軒以上の契約農家から、新鮮なキャベツを毎日仕入れています。

私たちの商品づくりにおいて、最も欠かせない素材の一つがキャベツです。
その食感が餃子の味を左右すると言っても過言ではありません。
だからクオリティの高いキャベツを年間通して安定して仕入れることが私たちの使命です。
とりわけ群馬県は嬬恋キャベツなど日本屈指の産地。一年のうち10~11カ月は、
嬬恋をはじめ伊勢崎、藤岡、赤城など4地域の契約農家から、県産でカバーできない時期は、
愛知や九州などの農家から、仕入れています。30軒を超える契約農家とは厚い信頼関係を構築。
作付け会議などにも出席し、年間を通した品質や収量の安定化に取り組んでいます。

私たちのこだわりのキャベツが生む、みまつ食品の味
【こだわり素材1】小麦粉(商品コンセプトに応じて独自ブレンド) 【こだわり素材1】小麦粉(商品コンセプトに応じて独自ブレンド)

餃子や焼売、春巻などの皮の素材となる小麦粉。
小麦粉は、銘柄によって、堅さやコシ、しなやかさなどに特徴があります。私たちは、これまで蓄えてきたノウハウを基に、商品のコンセプトに合わせて、北米産や豪州産、国産などの小麦粉の銘柄を独自にブレンド。
商品特性に応じて多彩な皮を生み出します。

【こだわり素材2】食肉 (高品質にこだわり県産・国産)【こだわり素材2】食肉 (高品質にこだわり県産・国産)

取引先から特別の要望がある場合を除いて、豚肉・鶏肉などの食肉素材は、国産品を使用しています。
安全面や品質面において国産品は群を抜くのは言うまでもありません。とりわけ地元群馬は畜産県でもあり、餃子素材のメインの一つでもある豚肉は約5割ほどが県産です。
群馬県をはじめ東北、九州、千葉などの工場と契約し、安定供給に努めています。

【こだわり素材3】ニンニク (辛みが強い中国・蒼山産)【こだわり素材3】ニンニク (辛みが強い中国・蒼山産)

餃子の味にアクセントを加える名脇役、ニンニク。
国産のニンニクはもちろん、中国山東省の名産地・蒼山で栽培される乾燥ニンニクも使用しています。辛みが強く、味が濃いのが特徴です。
日本国内での流通は少ないため、当社では安定供給のために独自の流通ルートを開拓しました。

【こだわり素材4】エビ (プリプリ食感のベトナム天然物)【こだわり素材4】エビ (プリプリ食感のベトナム天然物)

エビ焼売やエビ餃子に用いるエビは、主としてベトナム産の天然物を使用しています。
エビは生息域の深さによって、その食感が変わるのが特徴で、私たちは浅瀬や中域に生息するエビを厳選。
プリプリとした食感が、その存在感を主張し、食べる方に幸福感をもたらせてくれるのです。

  • PageTop